中学受験を受けさせるメリットについて

中学受験に興味のある方は、多いのではないでしょうか。受験といえば大学受験がありますが、中学受験も人生の中で非常に重要なターニングポイントになるのです。子供の学生生活のためにも、中学受験とはどのような特徴があるのか、抑えておくとよいでしょう。そこで、中学受験を受けるときのメリットについて紹介します。
まず、中学受験を受けるということは、その学校は中高一貫の学校であると思います。そのため、中学受験のメリットは、中高一貫の学校のメリットということができるでしょう。中高一貫の学校では、まず大きな特徴として、高校受験がないことが挙げられます。つまり、中学受験をする代わりに、高校受験を受けないことができる、ということなのです。高校受験はなかなかのプレッシャーがかかるもので、その分学生生活を謳歌することが出来ない可能性があります。そんな中で中学受験を先に済ませておけば、子供はよりのびのびとした学生生活を送ることができるでしょう。また、中学校での友人も高校になっても変わらないため、交友関係でも問題がないのです。
このようなメリットを中学受験を受けることによって得られるので、もし中学受験を考えているのであれば、参考にしてみてはいかがでしょうか。

2014年4月22日

中学受験の面接で気をつけること

中学受験では筆記試験はもちろんですが、面接も行われます。もしかしたら筆記試験よりも面接の方が緊張するという子もいるかもしれません。
面接は学校によって個人で行われたり、集団で行われたりします。そして保護者も受験生と一緒に面接する中学もありますし、別々に行う中学もあります。
面接では人柄や態度、入学の意志などをチェックされます。志望理由をきかれたり、短所や長所、将来の夢など様々な質問がされます。適当に答えるのではなく、あらかじめ家でも面接の練習をして、質問されそうなことを想定してこたえる練習をしておきましょう。本番の面接では練習していない質問だからといって適当にうそをついたりするのは良くありません。落ちついてゆっくりはっきりこたえましょう。
面接官は態度や礼儀をよくみています。ノックして返事がかえってきてから扉を開けて、きちんと振り返って閉めましょう。お辞儀も忘れてはなりません。着席するよう言われてから椅子に腰をおろします。
服装は受験生本人も保護者の方も派手で目立つ物のは避けましょう。小学生にふさわしい服装と髪型を心がけ、保護者は地味目の清潔感のある服装と髪型をして挑みます。
保護者と受験者の意見が面接で一致するように普段から会話をすることも大事ですね。中学受験に成功するために普段の生活から礼儀や態度には気をつけましょう。

2014年4月8日

家族をも巻き込む中学受験の大変さ

中学受験というのは、受験する本人だけの問題ではありません。親が全面的に協力をしなければ、合格への道は遠のいてしまいます。受験をするのは、本人ですが、塾選びや塾通いのサポートは家族を巻き込んで行なうことになるでしょう。
まず、塾選びについてですが、これは運命を左右すると言っても過言ではありません。自宅からの近さというのも決め手になるかもしれませんが、それよりも通うことに価値があるかどうかの見極めが大切です。
中学受験のための学習塾というのは、合格実績を掲げています。それも、塾選びの時の重要な情報となると思います。ただ、その実績の数字に惑わされてはいけません。なぜなら、自分の子供も同じような成果を上げることができるかどうかというのは、別の問題だからです。
そして、塾を選んだ後は、当然通わなくてはなりません。子供にとっても、学校と塾の掛け持ちというのは、なかなかハードなものになります。自宅でも、両方の宿題をこなさなければなりません。
こうした努力があってこそ、中学受験成功への道が切り開かれるのです。私立の中学校には入るというのは、並大抵のことではないのです。だからこそ、合格した時の喜びというのは、大きなものになることでしょう。

2014年4月4日

中学受験の科目

中学受験の時にはどのような受験科目があるのでしょうか。首都圏では国語、算数の二科目だけの中学校もあれば、国語、算数、理科、社会の四科目を課す中学校もあります。い多くが四科目での受験です。少し前までは二科目での受験が多かったようですが、最近は四科目へ変更しているところも多くあります。近畿地方では国語、算数、理科、社会の四科目を課す中学が多いです。地域によって、希望する学校によって受験科目が異なるので、しっかりと調べておきましょう。希望する学校が二科目の受験だからと言って国語と算数の二科目だけを勉強することはおススメ出来ません。希望校が変わることもありもしかすると四科目受験になるかもしれないからです。中学受験の配点方式も学校によって異なります。全科目に均等な配点を行うところもあれば、国語と算数は高い配転を行う場合もあります。希望する学校の配点傾向は確認しておきましょう。子供の得意科目が配点が低いと受験に合格するのが難しくなってしまいますから。志望校の入試科目、配点などの最新情報は通っている塾で教えてくれるでしょう。また、希望する中学校の公式サイトでも確認出来る場合がありますよ。受験に関する情報を見過ごさないようにしましょう。

2014年4月1日